2018年7月6日金曜日


江戸川柳 色は匂へ  

「け」 検校(けんぎょう)

証文を焼いて検校縁を組み

検校=盲人の位の一つ座頭、勾当、検校。検校まで出世するには相当の年月がかかるが、役千両を京都に収めれば検校になれた。そのために高利貸しをして金を溜め込んだ。

ざがしら【座頭】と読めば、一座の長である人。特に、人形浄瑠璃(じょうるり)・歌舞伎(かぶき)などの一座の首席役者。

ざとう【座頭】と読めば、
1. 盲人の琵琶(びわ)法師の位。勾当(こうとう)の下。
2. 頭髪をそった盲人で、琵琶・三味線(しゃみせん)をひいて語り物を語ったり、あんま・はり等を業としたりした者。
3. 盲人。

社会保障制度が整備されていなかった江戸時代、幕府は障害者保護政策として職能組合「座」(一種のギルド)を基に身体障害者に対し排他的かつ独占的職種を容認することで、障害者の経済的自立を図ろうとした。

鎌倉時代から盲人のための互助組織として、彼らの座(組合)として機能した。素晴らしいシステムである。座頭金は身元の確実な幕臣に貸すのが最も安全で、しかも、武士は貧しかった。

その結果、貸金を棒引きにして証文を焼き捨てて旗本などと親戚関係になる検校が多くいた。

検校になる前所々でにくがられ

千両をためるために相当あくどい金貸し業をやっていたのだろう。お人よしでは検校になることはできない。

検校になりかねるはず人がよし

 今も昔も立身出世するためには人間の壁が立ちふさがっていたのである。



0 件のコメント:

コメントを投稿