2018年6月29日金曜日


江戸川柳 色は匂へ 「う」 


 瓜 実(うりざね)瓜実顔の略

 瓜ざねを見せてかぼちゃと取っかへる

 今も昔もある替え玉作戦である。見合いの時には瓜実のような細面の顔を見せ、いよいよ婚礼となるとまん丸いごっつい顔のかぼちゃと取り換える。

 見ましたは細面だともめる也

 ということになる。

 現代では替え玉で問題になるのは運転免許試験や入学試験で事件になることはあるが、結婚ではもうそんなことはない。
 それに近いことは、写真修整の技術がレベルアップして、写真替え玉的な愛嬌のある問題ぐらいであろうか。それももう昔の話かな。



  
 
 夢に見んしたと真赤なうそをつき   嘘でも言われてみたいもんだ。

 傾城に嘘をつくなとむりを言い    嘘がないと生きていけないよ。

 嘘つかぬ傾城買うて淋しがり     わかっちゃいるけど淋しいね。

 どのうそが本の夫婦になろうやら   真も嘘も紙一重、わからん。

 傾城はそらごと女房小言也    そらごとは夢、小言は現実、女房はつらい

  参考、傾城=城を傾けるほどの美女。転じて官許の遊里の上妓をいう。





0 件のコメント:

コメントを投稿