2018年5月11日金曜日

「か」江戸川柳色は匂へ & いろはカルタ随想

 江戸川柳色は匂へ 「か」

  かかさま(母様)

 かかさまがしかると娘初手は言ひ

 初めてのナンパの時は、お母さんに叱られるからとういういしくお断りした娘も2度3度といい男から口説かれるとかか様の歯止めもきかなくなる。かか様の目を盗んで積極的にいい男に近づいていこうとする。

 これは娘だけのことではない。

かかさんと言ふ内むす子まだ食える

これがかかさんからお袋と呼ぶようになるともう食えない息子になっている。大人になっていく入り口でこれを通り過ぎて青年になる。
この辺の思いは親も経験してきたのに子どもに対しては厳しい姿勢やとり越し苦労で対応してしまう。それが親心であろう。


  蚊(か

 忍ぶ夜の蚊はたたかれてそっと死に   粋だね。えらい。

 じっとして居なとひたいの蚊を殺し   強くも打たれんしなあ。

 手にとまる蚊を吹きながら御看経    経を唱えながらの殺生ですぞ。

 御看経(おかんき)=禅宗などで、声を出さないで経文を読むこと。声を出して経文を読むことは読経。

 内陣の御神酒にしんと昼間の蚊     神妙にしてやがる。

 内陣=神社の本殿や寺院の本堂で、神体または本尊を安置してある部分。

 質屋では利が喰い家では蚊に喰われ   蚊帳は質草だ。しょうがねえ。



いろはカルタ 「か」 江戸と上方

 かったいの瘡怨み(江戸)

『現代では、差別用語で死語となった言葉である。醜い者の中でも、少しでもよいものをうらやむことのたとえ。どうにもならぬ愚痴をこぼすたとえ。』

 かったい(癩)の瘡怨みについての詳細は各自で調べてください。

 病気になったときや事故にあった時など「不幸中の幸い」といって自分自身に言い聞かせることがある。

 また、川柳「役人の子はにぎにぎが上手」などと、袖の下をもらえる役人を羨むことも人の心をよく表している。

 上を見ても下を見ても人の心は揺れ動くものである。


 蛙のつらに水(上方)

〖蛙の面に水を注いでも平然としていることから、どのような仕向けや責めにあっても少しも感じないこと。〗

 「ああいえばこういう男」と「ああいえばこういう女」が一時有名になったことがある。
 どんな質問に対しても自分なりの応答ができるちょっとした政治家など足元にも及ばない。そんな男にも弱点がある。「ああいえばこういう女」には、一目置いていた。
 近年急に「ああいえばこういう」人間が少なくなり、すぐに3人そろって頭を下げる姿を目にすることが多い。

どこもここも  不祥事だらけ
日本の国はネ  土下座する   ダンチョネ

 日本はいつから、大人数並んで頭を下げて謝るようになったのだろうか。「不正」が充満、「正義」が死語に。


0 件のコメント:

コメントを投稿