2018年4月5日木曜日

「わ」江戸川柳 色は匂へ & いろはカルタ随想


江戸川柳 色は匂へ 「わ」 笑い

 腹の立つ時はわらいに念を入れ

 江戸の人も笑いの効用を知っていたのだ。笑いたくて笑うのではなく意識的に笑うことによって腹の虫がおさまる。

 現代はその効用を科学的に研究している。吉本興業の協力を得て「笑い」の前後の血液検査をしたところ、キラー細胞ががん細胞を破壊攻撃して、がんに対する抵抗力を高め、免疫力も改善することを突き止めた。

 どうしても笑えない時は、表情だけで笑顔を続けるだけで「笑い」の効果が出るということである。

 ただちょっと気になることは、あまり笑いすぎると副作用として、小皺が増えるのでは。なんてことをつい思ってしまう。


「わ」の2 若後家(わかごけ)

若後家のふしゃうぶしゃうに子にまよひ   子のために生きるか、それとも。

若後家の剃りたいなどとむごがらせ     尼に、もったいない。

若い身で安請合の後家を立て   意地を捨てるべきか、女を捨てるべきか。

若後家のたよりになってやりたがり    ごもっとも、ごもっとも。



 いろはカルタ 「わ」 江戸と上方

割鍋にとぢ蓋(江戸)

『似かよった者どうしが結婚すること、自分に相応する配偶者を選ぶのがよいこと。』

 大概の夫婦は割れ鍋に綴蓋である。欠点だらけの人間の寄り集まりでこの社会は成り立っているのだから当然の帰結である。

 不完全な男と不完全な女が結婚して、お互いの不完全な部分を補い合って生活しているのが現実である。
 身内に自分大好き人間がいて自分は欠点がない最高の人間であると思い込んでいるので始末に困る。

 寅さんの「それを言っちゃーおしめえよ」という言葉を家族にも親戚の人にも友人にも堂々と言ってしまう。どんな神経の持ち主か理解に苦しむ。
 
一番苦しんでいるのは当人と思うのであるが。

笑う門には福きたる(上方)

〖和気あいあいとしてにこにこしている人の家には、自然と幸運がやって来るということ。〗

 近年、笑いの効果が科学の目を通して、証明されて世間の話題になっている。笑う前と笑った後の血液検査の結果、笑った後、ガンに対する抵抗力を高める細胞が増え、免疫異常も改善されるという。
 無理に笑わなくても笑顔を続けるだけでキラー細胞が増え、笑った後と同じような効果が出たという。

 「佐藤さんには、動きの激しい桂枝雀系の落語をまくらの部分だけを十分程度処方してください。」

 「小林さんには、圓楽系の人情話をたっぷり処方してください。」

 「浜嶋さんには、漫才を処方してください。笑いすぎると副作用で小じわが残るかもしれませんが、一晩で治りますから心配しないようにね。」
てなようなことになるかも






0 件のコメント:

コメントを投稿