2018年3月31日土曜日

江戸川柳色は匂へ 「を・お」


「お・を」 鸚鵡 

 引っこした先も隣にあふむが居

いつの時代も変わらずどこにでも放送局や新聞記者がいる。これが地域社会のコミュニケーションの原点でこの井戸端会議から居酒屋やカフエ、地方議会へと発展してきたわけである。
 今一度、井戸端会議を見直す価値があると思う。

井戸端へ人の噂を汲みに行

江戸時代、長屋の女房の楽しみの一つであった。

流石に現代は井戸のない社会になったので、スマホ片手に集まりやすい場所を意図的に設定するとよい。金がかからず楽しいおしゃべりのできる場を見つけよう。

コンビニへ人の情けを汲みに行く

そんなコンビニやスーパーがあると楽しい買い物ができるのになあ。



「を・お」の2 大一座(おおいちざ)

施主はまだ泣いてゐるのに大一座   よからぬ相談はすぐにやる。

大一座=川柳では多人数で女郎屋に登楼することをいう。葬式帰りや花見や夕涼みのくずれが多い。

町内のぎりさへすむと大一座      なにはともあれ義理とふんどしは。

大一座無理往生は数珠をもち      年寄りの冷や水、ポックリ行くかも。

その数珠はしまってくれと土手で言い  爺ちゃん、それはしまってよ。

人といふものは知れぬと大一座     集団心理は怖い。一人では出来ないことも。



0 件のコメント:

コメントを投稿