2018年3月16日金曜日

「る」江戸川柳 色は匂へ & いろはカルタ随想


江戸川柳 色は匂へ「る」 留守居


踊り子に踊れと留守居むりを言い

 留守居は各藩の渉外担当者の俗称で正式には御城使いなどと言って幕府や他藩との折衝をする役なので宴会が多い。

 宴会で踊り子に接する機会が多い留守居役。

踊り子とは名ばかりで踊ることが出来ない踊り子がほとんどであった。田舎から出てきたばかりの新任留守居役は事情に詳しくないので踊れと言ってしまう。
 そのうちに踊り子の正体を理解でき田舎サムライは軟化していく。今も昔も同じような手を使って、酒と女と金にどっぷりと浸かって堕落していく汚職事件の始まりである。

 人事権と予算権を手にしたときに事件に巻き込まれる人が多いようである。特に公務員と政治家はくれぐれも注意を。気を付けたからと言って無くなるものではないが。

「る」の2 留 守(るす)

憎いこと辛子すってて留守と言い   あの音は辛子味噌、さては。

辛子する=辛子をすり鉢に入れて摺るのは辛子味噌の場合である。
     初鰹には辛子味噌が定番。

留守たのむ人へ枕と太平記    わかるわかる。退屈だもんね。

女房がるすで流しに椀だらけ   男所帯にウジだな。


いろはカルタ 「る」 江戸と上方


瑠璃も玻璃も照らせば光る(江戸) 途中で・・・「みがけば光る」に変化

『物は違うが、光を受ければともに輝く。』

 「照らせば光る」から「磨けば光る」どうして変化したのだろうか。時代の流れの中で人間の生き方が受動的から能動的に変わった時代を映し出しているのではなかろうか。

「瑠璃や玻璃」を客体とみなすか、主体とみなすかで「照らせばと磨けば」の表現に変化が起こる。
 照らされて物体は初めて光る。光が当たらないと物体は光らない。例え光が当たっても磨かれているかどうかでその光り方が異なってくる。

 人は一生のうちに何度かチャンスが訪れる。しかし、精神を磨いていなければ訪れたチャンスをチャンスとして受け止めることはできない。


類を以って集まる(上方)

〖類は友を呼ぶ。同じ傾向をもった者どうしは自然と集まる。〗

 政党をはじめ小さなグループに至るまで、よくもまあ似たような傾向を持った者が集まるものだ。

 「馬が合う」という言葉をよく耳にするが、馬の合うものが集まれば居り心地のよい仲良し集団になること確かである。

 しかし、異質なものを排除していては組織の発展は困難になるし、やがて日本国家の衰退滅亡につながっていくだろう。
 とは言うものの異質なものは排除したくなるのも人情で、せめて小さなグループぐらいはそれに越したことはない。ただ、公的な組織においては仲良し集団では真の発展や改革はできない。
 身近な集団を見てもそのことが分かるし、大きくは政治の世界を見ると一目瞭然の事実である。

俺とおまえは   一浪仲間
遊びほうけてネ  さくら散る  ダンチョネ


0 件のコメント:

コメントを投稿