2018年2月3日土曜日

江戸川柳色は匂へ 「と」

  江戸川柳 色は匂へ 「と」 

   友 達 

  母の気に入る友達のやぼななり

 今も昔も母親の気持ちは同じ。服装などには大して気にかけず地味で質実な身なりの友達は母親に信用される。

 髪形や服装、そして言葉遣いと母親は一瞬にして友達の人間性を見抜いてしまう。野暮っぽい友達に間違いはない。粋なイケメンは息子に良い影響を与えない。それほんと。


  遠眼鏡(とおめがね)

 こそぐってはやく受けとる遠目がね

見晴らしの良い場所では有料で筒形の遠眼鏡を貸していた。仲間の一人がよく見えると悦に入っていると連れの仲間がくすぐって交代を促す。

 かいま見は尻をつめって代わりあい  美人だろう。声ひそめて交代。

 成程と言って又見る遠めがね     肉眼で見てもう一度遠眼鏡で。

 遠眼鏡見てゐて人に拾われる     銭が落ちていても遠眼鏡ではね。







0 件のコメント:

コメントを投稿