2018年2月28日水曜日

「ぬ」江戸川柳色は匂へ & いろはカルタ随想

 江戸川柳 色は匂へ 「ぬ」 糠味噌 

 ぬか味噌をきたながらぬは二度め也

新婚さんはいつの世もぬか味噌の匂いになれるまでに時間がかかるものである。それを嫌がらずにてきぱきとこなすところを見ると初婚ではないなということ。
江戸時代では初婚であろうと二度目であろうと三度目であろうと女は堂々としていた。江戸では女性の絶対数が極端に少なかった。だから女は引っ張りだこですぐに結婚相手が見つかった。歳の差なんか問題ではなかった。

大奥はもとより各藩の抱える女は想像を超える数であった。その上遊里は大きなところでは一所で5000人をこす人数を集めていたという。
江戸の男衆は一人者が多かったわけである。江戸時代は男も女も大変な時代であった。単純に昔はよかったなどとは言えぬ。


 「ぬ」の2 盗人(ぬすびと)

盗人はせがれ同類女房なり      親の金を持ち出すのはいい方だ。

こなたまでぐるだと母は叱られる   母は甘い、だからぐれずに立ち直る。

よくしめて寝ろと言ひ言ひ盗に出   しっかり者だ、これでないと。

夜寝なぞする盗人のなまけもの    気楽な稼業ときたもんだ。

盗人のたけだけしきは袴着る     背広着て税金をピンハネ。いるいる。




いろはカルタ 「ぬ」 江戸と上方

盗人の昼ね(江戸)

『盗人が夜かせぎのために昼寝をすることから、何気ないふりをして、その実目的があるのにいう。』

「盗人のたけだけしきは袴着る」平安人もうまいことを言う。
「盗人と智者の相は同じと云えり」まさに至言である。
盗人の昼寝などは、今は昔の語り草。現代は「盗人の開き直り」といった方が納得される人が多いのではなかろうか。

昼寝をするような盗人はたかが知れた小悪人、今は白昼堂々の盗みを仕事として、問題になると「国民のため」私は権力と闘うと。
国民のためなどと口が裂けても言って欲しくないな。「極一部の国民のため」と正確に言って欲しいものだ。


糠に釘(上方)

 〖豆腐に鎹に同じ(上方)いかに意見を加えても、少しもそのかいのないこと。〗

人は他人から少々な意見をされたぐらいで変わるようなことはない。変わるどころか、反発をすることの方が多い。
 
九州、特に福岡県における飲酒運転による事故は後絶たない。この傾向は全国的な問題であるが、福岡県が特別話題になるのは公務員による飲酒運転の違反がよく摘発されることによる。

 糠に釘の代表格が「酒」で次いで、「男と女」、「パチンコ」、「競馬競輪」「金銭にまつわる汚職」と続いていく。
 これらの原因は、快感ホルモンが脳から出るということで一つの病気となってしまうようだ。いったん堕ち込んでしまった場合はどのようにしてそれから脱出するか、軽度の場合は周囲の協力と本人の努力で解決できるが、重症になった場合は専門医の治療が必要になってしまう。
 そうなる前に生活習慣の改善を心がけ、正常な日常生活を志すことが基本である。





0 件のコメント:

コメントを投稿