2017年12月13日水曜日

江戸川柳色は匂へ 「い」 

   「い」 言名付 

言ひなづけたがいちがいに風を引き


 日本国憲法のもと、結婚の自由が認められ、親の関与が小さくなり当人同士の意思が尊重されるようになった。江戸時代は親の関与が強く、当人たちに関係なく親たちが決めてしまうことが多くあった。

 「たがいちがいに風邪を引く」ような言名付の関係であれば親の方も心配することはあるまい。

 私の知る限りでは、昭和30年代の初めまで言名付という風習が残っていた。同期の男が私の知るただ一人の言名付であった。

 女性の方に男ができて、「駆け落ち」をしてしまった。親たちは二人を取り押さえるために要所に見張りを立てた。駆け落ちの二人は、別々に男は船で女は汽車で示し合わせた目的地へ向かった。

 見張りに立った人たちは「駆け落ち」イコール二人と思い込んでいたために取り押さえることに失敗した。

 昭和の30年代に近松門左衛門の道行きを見るとは思いもよらなかったことである。


   医 者

 もりあてた医者はほどなく痛み入り

 もりあてる=まぐれ当たりのこと

薬の調合がまぐれ当たりで治癒した時は、感謝され礼を貰うときは痛み入るだろう。なんて思ってしまう。

 よい後家が出来ると咄す医者仲間  (よほどの美人だろう。ありそう。)

 仲人にかけては至極名医也     (本職そっちのけ。まあいいか。)

 上手にも下手にも村の一人医者   (しょうがねえ、いないよりいいよ。)


  壱 歩

壱歩でもあるうち息子とかまらず   どら、まだ壱歩は持っとるぞ。
 1歩は1両の4分の1。吉原中級遊女の揚げ代。

御ねがひは又壱歩かと母しかり   母ちゃん男の条件だよ。

美女よりも先へ悪女が壱歩とり   3度目のしきたりだ。
 3回目は相手に床花(祝儀の金)、遣手に壱歩が相場。

一たび笑むと壱歩とる婆アなり   滅多に見せない笑顔だ。

おふくろへ騒ぎばかりと壱歩出し  今日は飲んで騒いだだけよ。母さん。
 踊り子の花代は壱歩。転ぶと二歩。

かご賃をかじかんだ手へ壱歩とり  酒でも飲んで。「粋だねえ。」


 意 見

わがどらを先へ話していけん也   わしもわかいときはなあ・・・
 どら=無軌道な金使い、とくに遊里での乱費をどらを打つと言う。

来るとまづ異見巧者は蔵へ呼び   さすが、誰にも見られないように。

長意見小便ひまをもらって出    あのう、あのう、でそうなんです。

人に言ふ異見を聞いちゃ一人前   江戸にも寅さんが居たんだ。


むりな意見は魂を入れかへろ    仙人でも無理じゃない。器用なこと。


 石打(いしうち)

石打の先達にくるまたいとこ   石でも投げ込まないでいらりょうか。

参考 石打=婚礼の夜、近隣の青年たちがその家に石を投げ石習慣。地を打ち固める意味の習俗。
   先達=リーダー、ここではまた従兄弟がリーダー。

腹のたつ顔もまじって水あびせ  恋敵か水のかけかたが違うで。

   習俗にことよせて自分の思いをぶちまけあきらめる。そんな意味も含む行事であったのでは。

 石山(いしやま)

石山で所化衆(しょけしゅう)そのころそわそわし  
この気分。どうしたことだ。これが修行か。色即是空、花ざかり。

参考 石山=近江の石山寺。紫式部が源氏物語を書き始めたところ。  所化=修行中の僧。
   美しい妻女が逗留していては修行中の若い僧にとっては煩悩で体がはちきれそうになることだろう。

大こくのやうに紫式部見へ   修行が足りないぞ。修行積んでからだ。

参考 大黒=大黒天の略。大黒天が厨(くりや)に祀られたことから、僧侶の妻の俗称。

堅い寺見たてて式部借りるなり  石山だからさぞお堅いだろう。安心。

 以上(いじょう)

師匠さまかしこと以上別に置き   男女7歳にしてだよね。

参考 かしこ=女性の手紙の結びに書く語。以上=男性の手紙の結びに書く語。当時の塾は手習い師匠が児童を男女別に座らせて、手紙の書き方なども教材として指導していた。




 

0 件のコメント:

コメントを投稿